8020運動

8020運動ってなんだろう?健康な歯をいつまでも残すために!

 

8020運動という言葉をご存知でしょうか?

 

8020運動とは1989年から厚生省(現厚生労働省)と日本医師会が推進している運動で、「80歳になっても20本以上自分の歯を保とう」という目標がテーマとなっています。

 

食べ物を噛む、咀嚼する、美味しくご飯を食べるためには残存歯数が約20本あれば容易である

という報告を元に進められてきた運動で、近年注目を集めているオーラルケアをもっと広めていくためのものだといえるでしょう。

 

 

運動開始直後、80歳以上で20本以上の歯を残すことができていらっしゃった方は7%程度(平均残存歯数4〜5本)。
約10年後となる2007年の中間報告では25%と着々と増えていて、老後も美味しい食生活を味わっている方が増えているようです。

 

 

では、この8020運動のためには一体何が必要なのでしょうか?
まとめてみました。

 

 

歯が抜ける原因はやはり虫歯と歯周病!

 

今も昔も、歯が抜ける原因として上位を占めるのはやはり虫歯歯周病

 

 

特に歯周病は虫歯と違い、普段から歯磨きをしていても罹ってしまうことが多く、研究では成人日本人の80%が歯周病に罹っていると言われています。

 

普段から歯周病対策を心掛けることが8020運動を達成するために大切なことだと言い換えることもできるでしょう。

 

 

とはいえ、歯周病対策なんて一体どうすればいいのか中々分からないものですよね。

 

やはり一番は定期的に歯医者さんに通い、自分の歯や歯ぐきの状況をチェックしてもらうことでしょう。

 

虫歯の早期発見を行うこともできますし、歯石を落とすこともできたりと、歯の健康には定期的な検診はとても効果的です。

 

 

頻繁に歯医者に通っている時間がなかなか取れない!

 

なんていう人は、歯周病予防/対策専用の薬用歯磨き粉なども発売されていますので、そういったものを使用するのも大いに効果的だといえるでしょう。

 

 

 

 

歯周病に効く歯磨き粉のおすすめは?